ブランデーの買取依頼をする前に注意すべきこと

お金

飲む予定のないお酒はすぐに買取依頼しよう

ブランデーを飲もうと購入してみたものの、体の調子が悪くて飲めなくなってしまったとか、好みが変わって飲む気が失せてしまったのであれば、買取をしてもらうといいでしょう。飲む予定がないブランデーなのであれば、少しでも早く買取依頼をした方が高く買取してもらえる事が多いからです。製造から時間が経てば経つほどお酒にも劣化が生じていきますので、古くなって澱がたくさん発生したり光に当たりすぎたりした事によって色が薄くなる事もあります。飲まないのにいつまでも家においておけば、高く売れるものまで売れなくなってもいけませんので、早く売るように検討しましょう。目安としては製造から半年程度を目安にして買取依頼をしなくてはなりません。

ボトル

劣化によって値段が落ちることもある!

家に眠ったままになっているブランデーは買取依頼をすれば高額で買取をしてくれることもありますので査定をしてもらうといいでしょう。しかし古くなって劣化が進んでいるブランデーの場合、値段が落ちることもありますので、査定価格は下がる傾向にあります。しかし元々高価なブランデーや、希少価値の高いブランデーの場合は、状態が悪くても買取してくれることもありますので、諦める必要はありません。買取価格を下げない為には、出来るだけ早く手放すようにして、査定の前にボトルの手入れをしておくといいでしょう。埃がかぶったままだったり、汚れが付いていたりすると査定額が下がりますので、綺麗な状態にして査定に出すと査定額が上がりやすくなります。